2016年4月20日

手作り窓硝子

DSC04747(加工済)金沢も

やっと春の陽気が

続くようになりました。

 

外の景色がよく見えるように

これから

窓ガラスのお手入れが大切になります。

 

ある夜のご宴席後、

窓の外を写しました。

部屋の中が見えています。

明治、大正期のガラス、

ゆらゆらゆらいで見えています。



2016年3月26日

やっと 山笑う、水温む季節

やっと 春めいてまいりました。

 

DSC04687(加工済)   三月の季語である、 「山笑う」。

ご近所の方が近くの山から 蕗の薹を

取って来て下さいました。

 

こちらから見える山は、

少し雪がまだ見えていているところもありますが

緑が確実に整ってきております。

 

雪解けの冷たい川の水も

少しづつ「水温む」になってまいりました。



2016年3月23日

九谷焼 箸置き

DSC04695(加工済)こちらは、
九谷焼
あめつちさんの箸置きです。
お若いご夫婦で
お作りでございます。

表と裏で
絵付けを変えています。

色絵と
青絵。

可愛いですね。



2016年2月27日

2月の最後の演出

金沢では、

DSC04438(加工済)(加工済)2月に降った雪を

氷室に詰める作業がございます。

 

夏場に

その雪を取り出して

加賀藩から将軍家に献上した歴史がございます。

 

その歴史のお話をしながら

雪の演出をいたします。

お部屋の灯かりを消して

昔に思いを馳せます。

 



2016年2月18日

耳がちぎれそう

DSC04650(加工済)寒くて寒くて、

耳がちぎれそうな日が続いています。

 

ある日のご宴会後、

窓の外をご覧になったお客様が

「わー、おいしそう!!」

とおっしゃいました。

 

窓に目を移すと

はい、

美味しそうでございます。



2016年2月13日

節分おばけ

DSC04642(加工済)私どもがお世話になっています

フラワーアレンジメントの先生が、

食事会を開いてくださいました。

 

二月ということで

鬼を追いやるおばけをいたしました。

老若男女が逆になり鬼を驚かす、あれでございます。

 

女性のお集まりでしたが、

快く扮装していただき感謝でございます。

 

太鼓の音とともに

楽しく豆まきをいたしました。

 

 



2016年2月9日

黒留袖おひきずり

DSC04569(加工済)先日の節分では、

宇多須神社になんと

地元の方と観光客が千人もお集まりでした。

 

芸妓さんは、

黒留袖で。

 

通常 お座敷では、

一月松の内 15日までが黒留袖。

よくご質問ございますが、

晴れのお座敷では、15日迄が黒。

(本日にご来店のお客様が来年は松の内にいらっしゃるそうです。)

次は色留袖になり一月いっぱい華やかになります。

 

黒留袖用かんざしは、五穀豊穣の初穂です。

その先には、可愛い白い鳥が。

その昔は、

鳥に目が書かれると旦那さんがいるお印だったとか、、、、、

 



2016年2月8日

春よ来い

DSC04638(加工済)こちらは、

乾山の写し。

 

本科にそっくりなのです。

葉ボタン文様です。

 

本日は、

初釜があり、

お向こうに使用いたしました。

 

 



2016年2月8日

春の予感

DSC04614(加工済)うれしい立春が過ぎ、

暦のうえでは 春。

 

まだまだ寒いのですが、

芸妓さんの着物もかんざしも春めいています。

 

本日は、

東の芸妓さん。

ポーズをとってとお願いしました。

中央は、

八乃福の女将、福太郎さん。

 

私たちは、

福ちゃんと呼んでいます。

 



2016年2月4日

立春「雪寒北嶺 梅香南枝」

DSC04612(加工済)いよいよ

暦の上では春。

 

まさに禅語の

「北の嶺は雪があり寒いが、

南の枝から梅の蕾が膨らんで 春はすぐそこに」ですね。

 

写真の加賀友禅花嫁のれんは、

梅の枝につがいのおしどり。

 

家紋は鱗文様。

邪鬼を追い払う文様のため

婚礼のお席に貸し出しております。



3 / 2512345...1020...最後 »