2012年1月17日

お正月

正月は、

ご先祖に無事に年越しができたことに感謝し、

 五穀豊穣と家族や親族の無病息災を願います。

 

昔は、新しく新調した着物と下着を着て心新たに神社参りやご先祖様に誓いをしました。

 

五穀豊穣を願うとき、

太陽がなければ私たちは何もできません。

 日の出を拝み、感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

正月は、その「日の出」を

意識した朱色の品が多く登場いたします。

 

椀や碗の蓋裏に朱、

盃の中が朱、

様々なかたちでお目見えいたします。

 

 

写真は、朱に鶴。

正月吸物碗の蓋裏でございます。

 

 

 

 

こちらは、

熨斗飾り(のしかざり)です。

 

昔は、鮑を薄く裂き乾燥させ

畳の上で引き伸ばして作りました。

 

こちらは、鮑ではございませんが

昔のなごりで畳の跡が見えています。



2012年1月1日

謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

本年も社員一同、皆様にご満足頂ける「おもてなし」を心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

 

そして ご指導いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

新年は1月3日から平常営業とさせて頂きます。

 

尚、新年より松の内(15日)までは

 

◆ご昼食:1万円より(税・サ・室料別)

◆ご夕食:2万円より(税・サ・室料別)

 

のお正月料金での営業でございます。

 

「しつらえ」はお正月の特別なものに。

「接客係」は皆、黒留袖でおもてなしさせていただきます。

 

写真は、金沢の軸用正月しめ飾りです。



25 / 25« 先頭...10...2122232425