2012年4月3日

【ご案内】雛の宴開催

 

 

 

 < 4月3日 雛の宴開催 >
長い冬を終え、待ちわびた春が
やってまいりました。

無病息災を願い、雛の宴を開催いたします。
(左写真 江戸期古今雛)

 

 

 

 

 

 

 

 
雪の白と灰色の空をずっと眺めてまいりましたが、
可愛いお雛様と可愛い芸妓さんが
弥生の色に染めてくださいます。

春の舞と太鼓でお遊びいたしましょう。

お客様参加型のご宴席です。



2012年3月20日

雛人形と芸妓の共演

こちらは、江戸期御所人形です。

能楽を題材にした品を持っています。
本来、御所人形は男子ですが、
先々代女将が女子の着物を着せました(笑)

 

日時   4月3日(火曜日)

時間   11時~14時迄

江戸期から現代雛まで
見学し、その後に食事。
そして、芸妓さんの舞と
太鼓遊び。

場所   つば甚にて
076-241-2181

 

(右写真 大正期紫宸殿雛)



2012年2月15日

婚礼ご予約承ります

 

 

ご親族食事会、
ご結婚報告会と称し、
身近な方々とミニ披露宴をなさる方が増えました。

 

迫っています春にも

そして秋、来年も報告会や婚礼予約を受け賜っております。
こちらは、昨年に婚礼された方のクロカンブッシュです。
シュークリームと苺が可愛いですね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、なんと羊羹でカットです。
日本の伝統柄である「花車文様」が雅ですね。
和装にぴったりです。
皆様、何なりとご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、フルーツが細かくカットされて
まるで宝石のようです。

金沢金箔が散りばめられてキラキラ輝いています。



2012年2月12日

フードピアよもやま話

老舗によるよもやま話、

今回つば甚では、
和モダンをコンセプトに活躍の
水引作家である
廣瀬由利子さんをお招きし開催いたしました。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

鬼を追いやるために、
家の軒先などに
柊に鰯を挿したものを出します。

今回は、水引で再現していただきました。
鰯、鬼を追いやる豆、お福を
それぞれあわじ結びで作成いたしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

ご友人同士、
ご夫婦で、
親子さんで、
ワイワイと楽しまれました。

皆様、誠に有難うございました。



2012年2月10日

芭蕉の部屋でお遊び

● フードピア金沢2012 ●

 

 

金沢のまつり、「フードピア」が始まりました。

 

食の一番美味しい季節に、

各飲食店、茶屋街、美術館などで様々なイベントが繰り広げられます。

 フードピア金沢事務局

http://www.kanazawa-cci.or.jp/food/

 (右写真は、芭蕉が奥の細道で

10日間過ごされたつば甚の部屋。)

 

 

 

つば甚では、

作家 嵐山 光三郎氏による食談が行われます。

 

 

「芭蕉の月見献立」と題し、

芭蕉ゆかりの部屋で薄茶を一服、

月の間で先生のお話に耳を傾けようではありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

< 食談 >

食談テーマ:「芭蕉の月見献立」

講師、作家:嵐山 光三郎

場所:つば甚

日時:2月10日(金)18時~21時

会費:20,000円



2012年2月4日

おばけ節分

寒い寒い節分を迎えるこの2月、
つば甚恒例のお化け茶会なるものを
開催いたしました。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老若男女がそれぞれ逆に扮装し、
鬼を欺き、
難を逃れる節分行事でございます。

つば甚では、昔行われていたものを
お客様と共におばけ茶会と称し
再現いたしました。

つば甚は、新人が扮装いたします。

 

美しく変身が鉄則です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その茶席で、お客様がお福に変装し、
茶をたてていらっしゃいます。

これをご覧の皆様に
無病息災の茶を差し上げます(笑)



2012年1月17日

お正月

正月は、

ご先祖に無事に年越しができたことに感謝し、

 五穀豊穣と家族や親族の無病息災を願います。

 

昔は、新しく新調した着物と下着を着て心新たに神社参りやご先祖様に誓いをしました。

 

五穀豊穣を願うとき、

太陽がなければ私たちは何もできません。

 日の出を拝み、感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

正月は、その「日の出」を

意識した朱色の品が多く登場いたします。

 

椀や碗の蓋裏に朱、

盃の中が朱、

様々なかたちでお目見えいたします。

 

 

写真は、朱に鶴。

正月吸物碗の蓋裏でございます。

 

 

 

 

こちらは、

熨斗飾り(のしかざり)です。

 

昔は、鮑を薄く裂き乾燥させ

畳の上で引き伸ばして作りました。

 

こちらは、鮑ではございませんが

昔のなごりで畳の跡が見えています。



2012年1月1日

謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

本年も社員一同、皆様にご満足頂ける「おもてなし」を心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

 

そして ご指導いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

新年は1月3日から平常営業とさせて頂きます。

 

尚、新年より松の内(15日)までは

 

◆ご昼食:1万円より(税・サ・室料別)

◆ご夕食:2万円より(税・サ・室料別)

 

のお正月料金での営業でございます。

 

「しつらえ」はお正月の特別なものに。

「接客係」は皆、黒留袖でおもてなしさせていただきます。

 

写真は、金沢の軸用正月しめ飾りです。



24 / 24« 先頭...10...2021222324