2012年6月14日

5月、薫風を感じるある日

 

 

 

日差しがだんだん明るく強くなり

手水鉢の周りに咲く鳴子百合(なるこゆり)の葉が

輝いています。

その明るい心地よい日の午前に

私、女将の同級生のお嬢様が二組、

ご結納されました。

 

 

 

 

 

 

  多くご質問のある結納スタイルのご紹介となります。

 

まず、向かい合わせに座布団を並べた本来のスタイル。

ご結納が終了いたしますと、その場にすぐ料理が運び出され

緊張した面持ちもすぐにほぐれます。

写真は、ご結納後に三つ組の盃で祝いの儀式を

執り行っているところです。

私どもがご両家の間を結び歩きにて祝い酒をお注ぎいたします。

お嬢様、緊張の中にも喜び溢れる暖かな笑顔がのぞきます。

 

 

 

 

 

 

こちらは、椅子席スタイルです。

おばあ様に気を使われてのお席です。

儀式後の一枚です。おふたりの華やかな幸せ笑顔が印象的です。

こちらですと、すぐにご両家が打ち解けますね。

でもご結納は、厳かに恭しく進み、感動いたしました。

 



2012年5月13日

5月5日は幸せ日

先日の5月5日こどもの日、

つば甚内は、幸せな風に包まれました。

 

庭先では、新葉が揃った楓のとんぼ(花の後にできるトンボ型の種)

が風にゆれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

皐月の風を感じながら佇む女性は、

たった今、つば甚でご結納をされた方です。

凛と美しく着物を着こなされ晴れ晴れとした表情に、

私どもも幸せを頂戴いたしました。

 

 

ご結納は、

昔ながらの御膳様式、テーブル様式がございます。

ご要望により、

三つ組の盃でご両家を結ぶ儀式も行わせていただいておりますので

ぜひ ご相談くださいませ。

 

 

 

 

そして、私どものスタッフの婚礼もございました。

つば甚中の仲間から折り鶴シャワーを浴び

新郎のデレデレ笑顔が止まりませんでした。

こちらにアップするきれいな顔写真を探すのに苦労しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして、

その二人から最後に 涙を頂戴しました。

 

新婦の介添人であるスタッフが、

新婦から両親へ宛てた手紙に感動し、

すぐ横で大泣きです。

周りの方への感謝は、

日頃より思っていても 伝わりにくかったり、伝わらなかったり、ですね。

それを新婦は、

素直な美しい心と言葉で感謝をつたえました。

 



2012年5月9日

サイトリニューアルのお知らせ

本日、「つば甚」サイトをリニューアルいたしました。

今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

                        女将



2012年5月1日

スタッフの仕事

今回は、
つば甚女性スタッフの
ある一日をご紹介させていただきます。

皐月に入り、 いろんな新芽が目立ってまいりますので
本日は、草むしりです。

ご接待の合間に、
庭専門スタッフや部屋清掃スタッフとともに頑張ります。
夏は、熱中症に要注意です。

木々の剪定も女将や板場と共に励みます。
いいお嫁さんになれるかな?
(ちなみに彼女は、25歳です)

 

 

 

 

 
また、ある日は、
物品の整理のため
自分達で物づくりです。

お客様のご接待時間以外も
休むことなく動いております。
見えない部分の修行です。

彼女もいいお嫁さんになれるかな?

 

 

 

 

 
こちらは、
ご宴席のしつらいに大忙しです。

最近は、テーブル使用のご宴席が増えております。

御結婚披露宴、御結納、御法事など
ご相談くださいませ。

一般御宴会でも承ります。
テーブルを持ち込めない部屋もございますので、
お尋ねくださいませ。



2012年4月23日

「雛の宴」つづき

先日の雛の宴、

松尾芭蕉が使われた部屋二つを
ぐるりと取り囲む庭をお通り頂いて、
待合へご案内させていただきました。

 

 

 

 

 

 

こちらのぼんぼりの灯りで、
闇笛の音をお聞きいただきました。

おひとりおひとりに、
春を喜ぶうぐいす胡瓜と
大根で作りました桜ぼんぼりを
おつけいたしました。



2012年4月17日

雛の宴

桜のつぼみが膨らみ始めた午後に
雛の宴を終了いたしました

 

昨年よりあたためてまいりましたあるお三人の方のご要望で、20名様がお集まりになりました。
誠に有難うございました。

 

まず、松尾芭蕉が使われた部屋を囲む庭からお入りいただきました。

待合では、貝合わせの入れ物である貝桶の三段それぞれに、
(初桜)(胡蝶)(菜の花)の菓子を入れお遊びしました。

 

 

 

 

 

その後、五部屋に点在するお雛様達を見学です。

これは、大正初期の御殿雛です。

天皇家が京都紫宸殿にお住まいの頃をイメージし造られたものです。
東京奠都される前のご様子です。

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ宴の始まりです。

金沢伝統芸能、闇笛で開宴のお知らせでございます。

笛を吹かれたのは、西茶屋街(美音)のひとみさんです。
ろうそくの灯りの中、しっとりとたおやかにお客様を幽玄の世界へといざないます。

その後は、春の舞、太鼓遊びへと宴は華やかに続きました。



2012年4月11日

板前の婚礼

先日、つば甚の板前が結婚式を挙げました。

スタッフ一同から「折鶴シャワー」の祝福を受け
幸せ感、満開でございました。

 

 

 

<花嫁さんの笑顔>

素敵に見えるポイントは・・・

この「笑顔」です。
そして「姿勢」、「歩き方」など。

 

 

 
つば甚でご婚礼の方には女将から
新郎・新婦ともに素敵に見えるコツを伝授させていただきます。



2012年4月3日

【ご案内】雛の宴開催

 

 

 

 < 4月3日 雛の宴開催 >
長い冬を終え、待ちわびた春が
やってまいりました。

無病息災を願い、雛の宴を開催いたします。
(左写真 江戸期古今雛)

 

 

 

 

 

 

 

 
雪の白と灰色の空をずっと眺めてまいりましたが、
可愛いお雛様と可愛い芸妓さんが
弥生の色に染めてくださいます。

春の舞と太鼓でお遊びいたしましょう。

お客様参加型のご宴席です。



2012年3月20日

雛人形と芸妓の共演

こちらは、江戸期御所人形です。

能楽を題材にした品を持っています。
本来、御所人形は男子ですが、
先々代女将が女子の着物を着せました(笑)

 

日時   4月3日(火曜日)

時間   11時~14時迄

江戸期から現代雛まで
見学し、その後に食事。
そして、芸妓さんの舞と
太鼓遊び。

場所   つば甚にて
076-241-2181

 

(右写真 大正期紫宸殿雛)



2012年2月15日

婚礼ご予約承ります

 

 

ご親族食事会、
ご結婚報告会と称し、
身近な方々とミニ披露宴をなさる方が増えました。

 

迫っています春にも

そして秋、来年も報告会や婚礼予約を受け賜っております。
こちらは、昨年に婚礼された方のクロカンブッシュです。
シュークリームと苺が可愛いですね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、なんと羊羹でカットです。
日本の伝統柄である「花車文様」が雅ですね。
和装にぴったりです。
皆様、何なりとご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、フルーツが細かくカットされて
まるで宝石のようです。

金沢金箔が散りばめられてキラキラ輝いています。



24 / 25« 先頭...10...2122232425