2012年11月7日

冬の空気

11月に入り、

雨、風、雷が多くなり

周りの空気が冬ですよと言っています。

 

雨風で落ちてきた色づいた葉を、

お客様がいらっしゃる直前まで見通します。

 

サービス係も着物に着替える前の一仕事です。

本人たちが恥ずかしがるので盗み撮りしました(笑)

 

金沢では、11月6日に蟹が解禁になり

12月に入り、雷がなると「鰤おこしと」言い

鰤が美味しくなることを告げてくれます。



2012年11月4日

美しき花嫁  「高島田」

高島田。

花嫁の正装の髪型です。

 

新婦さまの凛とつつましい、

お相手の色に染まる心意気を感じます。

 

本日は、披露宴後に

スナップ写真を芭蕉の部屋でお撮りいたしました。

 

伝統の花嫁姿と320年前のお部屋、

しっとりと馴染み、美しいですね。

 

ご両家に優しい心遣いをされていたお二人でございました。



2012年11月4日

美しき花嫁  「お二人の表情」

大人なお二人の披露宴。

ずっとおふたりで、

ご両家を見守っていらっしゃいました。

 

始まりからお開きまで

笑顔で皆様に心遣いをされ

敬服いたしました。 

 

写真をお撮りいたしましたら、

笑顔がお二人ご一緒です。

新郎新婦様、しっかりと人生の線路を進み始めたのですね。

 

素敵な大人のたしなみをお持ちのお二人でございました。

 



2012年10月28日

つば甚にて香の会

この度、

「和のアロマテラピーレッスン」と題し、

アロマテラピーインストラクターでいらっしゃる片山雅美様が

講義をされ、その後料理を楽しむ会を企画されました。

 

詳細は下記サイトをご覧くださいませ。

http://angeliquearoma.blog34.fc2.com/blog-entry-373.html

 

アロマテラピーは、私たちに癒しと歓びを与えてくださいます。

今回は、日本の香で幽玄の世界へと誘います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何百年もの年月を経て

私たちにかおりを伝える香木。

そのメッセージを先生のお話と共にお聞きいたしましょう。

 

皆様には、香を匂い袋にお納め頂き

金沢らしく水引で結んでいただきます。

 

写真は、

以前につば甚で行われた時のものです。

ご友人お誘いあわせご参加くださいませ。

 

ご参加の折りの服装は、自由でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日、場所・・・  11月18日(日)  つば甚にて

時間・・・ 11時より  和のアロマテラピーレッスン

      12時より  食事

お代金・・・12000円(すべて込み)

 

どうぞお気軽にご参加くださいませ。

 

 

いにしえのかおりと共に、

金澤でご活躍の片山先生による

アロマテラピーの心地よさをご体感ください。

雑誌「金澤」11月号に

先生が取材を受けていらっしゃいます。

 

 

 

 

 



2012年10月25日

人前式 「金澤 水引婚」

つば甚では、

人前式をお考えの方に、

金沢らしい水引婚をお勧めいたします。

 

金沢の水引でしつらえたお部屋で、

皆様に見守られ

新たな人生が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の色で仕上げた美しい結婚証明書に

お二人の名前を書き、

参列者が、承認の印として

可愛い水引の小花を新郎新婦に渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後に、

その小花を集め大きな花の球を作家さんにお作り頂き

可愛いお飾りが完成です。

どうぞ、新居にお飾りくださいませ。

 

作品は、和モダンをコンセプトにご活躍の廣瀬由利子先生のものです。

先生は、家庭画報日本版、英語版共に取り上げられております。

http://www.jiyukajin.net/

 



2012年10月21日

美しき花嫁

秋空の心地良い、佳き日に、

つば甚ではご婚礼がございました。

 

 本日は、

これから婚礼を控えていらっしゃる方に向け、

「美しき花嫁」と題し、

ちょっとした花嫁としての心得や

お着物やかんざしなど

様々な感動を届けいたします。

 



2012年10月21日

美しき花嫁  「手作り」

お二人の芸術性を生かし、

手作りの加賀ダルマです。

ウェルカムボードに添えてございました。

 

お顔がお二人にそっくりです。

お二人ともに美術関係のお仕事ですので

ちょちょいのちょいとお作りになったのですね。

とっても可愛いです。

 

「あなたも、お二人だけの世界を

つば甚でお作り下さいませ。」



2012年10月21日

美しき花嫁  「お二人で見守ります」

披露宴会場は、日本家屋。

列席者の方々と同じ目線で会食いたします。

 

本日も、

新郎さま新婦さまのご両家への愛情が皆様に伝わり

和やかに会が進みました。

 そして、

会食後はいつまでもお客様をお送りになり、

お客様もいつまでもお二人におめでとうを伝えていらっしゃいました。

 

「あなたも つば甚で、

二つのご親族を一つにお結び下さいませ。」

 

 

 

 



2012年10月21日

美しき花嫁  「お若い方もご一緒に」

いつも親しいご親族。

でも、彼にとってはいつもと違う空間と

いつもと違う花嫁姿。

 

ところが日本家屋の小さなお部屋での温かなご披露宴、

甥っ子さんもメイン席へお遊びに!

皆様が交わる温かな会でございました。

 

「あなたも、ぜひ

この空間をご体感くださいませ。」



2012年10月21日

美しき花嫁  「美しい色」

薄い青のお色目が美しいお振袖です。

 

日本座敷は、色を多く使っていないため、

花嫁さまや、列席の方々、卓上花が美しく映えます。

 

着物のお色を引き出すため、

帯も髪飾りも控えめで素敵です。

 

「あなたも、

お好きな色、お好きな文様の着物で

披露宴の華になってくださいませ。」