2013年6月27日

お義母さまは、おっしょさん(お師匠さん)

花嫁のれんの前で笑顔の花嫁さま。

 

仕草を教えていらっしゃる方は、彼女の日舞の先生です。

そして、お義母さまでもあります。

 

お二人の息の合った、あうんの呼吸でございます。

語らずとも先生の仕草一つで

花嫁さまはポーズを決めていらっしゃいます 。

 

お二人が美しく輝いて、

大勢の方がシャッターを押しています。



2013年6月24日

大きな水引のリボン

シンプルなドレスに金沢の伝統ある、

しかも新しい感覚で作られた水引リボンが見えます。

 

ウエストから大きくランダムにまとめられて

あわじ結びの連続で出来ています。

長く垂れた部分にやさしく巻きが入り、美しいお姿になりました。

 

オードリーヘップバーンのような髪型で颯爽(さっそう)とご登場です。

 

和と洋の融合ですね。

彼女に似合ってとても美しいです。

 

リボン作成は、廣瀬由利子さんです。

 



2013年6月24日

花嫁様の小物はお姫さまの小物。

愛らしさの中に気品漂う黒振袖姿。

 

黒の配分を多く取り、

白と赤の鶴がやさしく飛び交う文様。

とてもお似合いで美しいですね。

 

彼女が会場をご挨拶に歩かれると、

皆様が引き止めて

「素敵、美しい、」と着物や小物のことを問います。

 

鏡、懐紙が入る筥迫(はこせこ)。

護身用の懐剣。

扇子など武家のお姫様がお持ちでした。

 

ひとつひとつ花嫁さまがご説明されています。