2012年9月30日

三光さん

 

先日の9月12日に、伝統神事「三光さん」がございました。

室町時代から続く月拝祭で、

前田利常の時代に寺町諏訪神社にて、

毎年この時期に執り行われます。

卯辰山から上がる月が山並みの関係で

光が反射し三つの光となります。

 

今年もつば甚の寺町台の上から賑やかに盆踊りの曲が聞こえてまいりました。

 

 

 

 

 

 

 奉納踊りが終わると、

皆で午前2時ごろの月の出を拝みます。

神社の後ろの庭に祭壇を設け、

東の空、卯辰山の方向に向かい世情安泰を祈ります。

 

江戸時代には、金沢市民がこぞって寺町台に別荘を建て、

三つの月を拝む書院を造りました。

 



2012年9月23日

冬座敷に模様替え

11月の炉開きにあわせ、

(茶の世界では、夏の風炉から冬の炉へ変わります。)

本日、

従業員総出で、 夏座敷から冬座敷へ模様替えをいたしました。

まだ少し早いようですが、

空いた少しの時間を見つけ一気に仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の細やかな作業で、

80年~100年経っている籐むしろ、簾、簀戸(すど)、

簾屏風をひとつひとつ拭き、

板場の力でふたつの季節の物を出し入れいたします。

冬と夏合わせて320のものを入れ替えです!

ダッシュで2時間。

残った一階の三分の一と二階大広間は、

次の空いた時間に頑張ります。



2012年9月22日

伝統美 色合わせ

 本日の披露宴での一コマです。

 

着物と帯の取りあわせが美しい1枚です。                           

紅型(沖縄)の着物に合わせた黄色の帯。                             

紅型独特の色目に合わせて、黒でもなく金や銀でもなく

黄色を合わせたところが素敵ですね。

このように、お好きな着物が決まりましたら、

あとは、花嫁さんと着物に合う帯探しがはじまります。

 

日本の伝統美、美しいです。

(こちらは、ご両親が花嫁さんの成人式の際に作られたものです。)



2012年9月15日

虫の音

数日前から、

夜になると心地よい風が吹くようになり、

虫が鳴き始めました。

 

今年の虫達、大合唱なんです。

ここ2,30年聞いた記憶がないほどの大きさです。

 

鈴虫、こおろぎなどの虫達も

この秋を待ち望んでいたのですね。

木々の上からも聞こえてきます! 

            (右写真 軸、虫の行列より)

 

 



2012年9月9日

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句です。

 

まず、菊に真綿をかぶせます。

その綿に8日の夜露を集めて

9日の朝、

その露で身体をぬぐうと無病息災となります。

昔の人は、

一年中無病息災の行事を行って願っていたのですね。

 

本日は、皆様の盃に菊の花びらを乗せ酒を注ぎ

無病息災とさせていただきました。



2012年9月6日

婚礼の卓上花

夏が行く前に婚礼がございました。

 

 

空中の水分を吸収して生きている強い黄色の実、

おもちゃメロン(ククミス)たちです。

涼しげで爽やかで、コロンとしてとても可愛いです。

 

 

まだまだ暑い金沢、さわやかさをお届けいたします。

来年夏の婚礼時にご希望ございましたらおっしゃってくださいませ。

                       (生花店 アップルフラワーズ)

 



2012年9月3日

9月の単衣(ひとえ)

9月は、

着物は、単衣になります。

最近では、茶会を除き

まだ暑いため、10日過ぎまで絽を着ていてよいとされます。

 

 

こちらは、芸妓さんの単衣姿です。

廊下で撮りましたので暗くてすみません。

 

お座敷に呼ばれたい方は、

どうぞつば甚までお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 



2012年9月1日

撮影会

ある婚礼衣装店さんの撮影がございました。

 

つば甚内の様々なお部屋やコーナーでおこなわれましたが

こちらは、大きな書院での一枚です。

このようにつば甚では、

和装をさらに引き立てる撮影スポットが数多くございます。

日の光が障子を通し 優しく照らします。

凛としていますね。

 

見学した折に パチリと写させていただきました。

 



2012年9月1日

麦羊羹

昔を思い出す懐かしい味の麦羊羹。

 

おちらし粉(大麦)で作った香り高い夏の菓子です。

これも8月で終了です。

食後に、冷たくやさしい甘さが涼しさを呼びました。

様々な料理の味を締める役割もしていました。

 

来年まで、味わうことができません。

そこで昨日は、鉢に盛って 見た目も楽しんでいただきました。

                                (吉はし製)